すそわきがで悩んでるあなたへ!自宅で治療できます!

すそわきがで悩んでる女性は増えてます。そんなすそわきがの悩みから解放されましょう!!
MENU

すそわきがって何が原因??どんな匂い??対策は??

すそわきがは、わきから独特の臭いがするわきがと同じで、陰部から臭いが発生します。

 

外陰部臭症と医学的に呼ばれています。

 

人の体には二つの汗腺があり、アポクリン汗腺とエクリン汗腺といわれています。

 

エクリン汗腺から出る汗はほとんどが水分で、臭いもありません。

 

 

アポクリン汗腺から出る汗もほとんど臭いがありませんが、脂肪や尿素、アンモニアなどの臭いの元になる成分が含まれています。

 

そのためアポクリン汗が皮脂腺から分泌される脂肪酸と一緒になって、それを皮膚にある常在菌が分化すると独特なわきがの臭いになります。

 

 

アポクリン汗腺は人の体の至るところにありましたが、現在はそのほとんどが退化しています。

 

個人差がありますが、陰部や耳の中、乳首やへその回りなど一部のところにあるだけです。

 

 

性行為のときにすそわきがの臭いがきつくなるのは、アポクリン汗腺があるためです。

 

アポクリン汗腺がフェロモンの働きをして、臭いで異性を惹きつけていたとされていたといわれています。

 

 

性的な興奮により臭いがきつくなるすそわきがは、子孫繁栄ではたいせつな役割として残っているのかもしれません。

 

 

身体の臭いは、食事の内容にって違ってきます。

 

例えば、にんにくなどの強い臭いがある食べ物を食べると、口臭や陰部の臭いもきつくなります。

 

 

肉や乳製品を多く食べると、わきの臭いが強くなります。

 

これは、食べ物に動物性たんぱく質や脂肪分が多く含まれていることが原因です。

 

 

また、肥満になって皮下脂肪が増えると、アポクリン汗腺や皮脂腺が活発に働くので、食べ過ぎて太りやすい肉や乳製品のような食べ物は、臭いを強くする原因となり、すそわきがを悪化させます。

 

 

悩んでいる場合は、肉や乳製品の摂取を控えて、魚や野菜を多めに取ると良いです。

 

太り気味なら皮下脂肪を減らして、アポクリン汗腺や皮脂腺の働きを抑えれば、わきがの臭いも弱くなります。

 

 

 

生理中や体調が優れないときも、臭いは強くなるので、安静して身体に負担をかけないようにします。

 

バランスのとれた食事と規則正しい生活が、わきがの臭いを軽減してくれます。

 

 

すそわきがの臭いのもとは、汗や尿、おりもの、生理の経血です。

 

皮膚にいる雑菌がこれらの臭いのもとを栄養にし繁殖することで、臭いが発生するので、この元になるものをなくすことが必要です。

 

 

トイレにいったときは、ヒデなどで陰部を綺麗に洗い流し、生理のときならこまめに、経血やナプキンの中で蒸れた汗など、臭いの元になるものを洗浄します。

 

 

野外なら、デリケートゾーン用のウェットティッシュで優しく拭いて、臭いのもとを取り除くことが大切です。

 

スポーツで汗をかいたときには、デリケートゾーンの汗も注意です。

 

 

また、大陰唇や小陰唇などの溝は、恥垢(ちこう)や汚れが溜まりやすいので、入浴したときに汚れを綺麗に洗い流します。

 

陰部は皮膚が薄くてデリケートなので、ごしごしこすると負担になり、雑菌が入りやすくなって逆効果になります。

 

たっぷりとした泡で、指の腹を使い陰部を前から後ろへと優しく丁寧に洗います。
低刺激のデリケートゾーン用の石鹸を使うと、刺激も少なく改善の効果が期待出来ます。

 

 

湿度や温度が高くても臭いが強くなるので、ショーツは通気性のよいものを選んで蒸れを防ぎます。

 

きつめだと湿気がこもりやすいので、ゆったりとした下着がお勧めです。

 

 

とくに、ナプキンやおりものシートも通気性のよいものを選んで、こまめに取り換えるととが重用です。

 

長い時間、替えないでいると、湿気がこもり雑菌が繁殖して臭いが起きます。

 

 

臭いを防ぐために清潔にするのは大切ですが、洗いすぎは要注意です。

 

ごしごし洗うと皮膚の負担になり、洗浄力が強い石鹸やボディソープは、炎症を起こすこともあります。

このページの先頭へ